学園前ホール|奈良市西部会館市民ホール

学園前ホールブログ

HOME > 学園前ホールブログ

中野 振一郎&テレマン・プチアンサンブル バロック音楽の花形楽器リコーダーとフルート タテ派VSヨコ派

2017年06月20日(火)

ムジークフェスタなら2017 参加の 
中野振一郎&テレマン・プチアンサンブルが平成29年6月17日(土)に開催されました。

テレマンファンの方、昨年に引き続いての方、ならムジークのパンフレットを見ての方、遠方からもたくさんの方々が聴きに来て下さいました。
今回も奈良県奈良養護学校のにアンケート用紙等のお渡しやアンケート回収のお手伝いを頂きました。
IMG_2899.JPG
IMG_2911.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半は、チェンバロの独奏から始まりました。チェンバロの音色が一瞬に中世のベルサイユ宮殿の貴婦人たちを思い起こさせ、優雅で心和む雰囲気になりました。
IMG_2951.JPGIMG_2921.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リコーダーとチェンバロの演奏も素晴らしく、私たちが想像するリコーダーではなく、やはりバロック音楽の花形楽器にふさわしい高尚で愛らしい音色に心が安らぎました。
 チェンバロとリコーダーとチェロの演奏も低音のチェロの音がホール内に響き、別世界にいるようでした。

 またフルートとフルートの前身で木製の横笛トラヴェルソとの聴き比べも面白く、トラヴェルソの音色がやわらかく、ゆったりとした気持ちになりました。
中野さんのトークも楽しく、バロック音楽の解説をわかりやすくユーモラスに話してくれ、バロック音楽が身近に感じられました
IMG_2924.JPG IMG_2931.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2937.JPGIMG_2942.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憩中も楽器の音色が耳に残り、余韻に浸ってしまいました。

 

後半の一曲目はチェンバロで生き物をイメージした演奏でした。
生き物たちの映像が浮かんできて、いろいろな音色をとても楽しく聴けました。
何よりも「うなぎ」とか「のみ」という曲の題名があるのに驚きました。
最後の4人でのアンサンブルはそれぞれの楽器の上品で、穏やか、それでいて華やかな音色が心地よく、バロック音楽を心行くまで堪能できました。
皆様大満足して帰路につかれたのではと思いました。
IMG_2954.JPG
IMG_2961.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2963.JPGIMG_2965.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも
・中野振一郎さんのトークもすごく親しみがあって、近くでバロック音楽を楽しませて頂きました。
・素人にも理解でき、親しみ易くとても楽しかったです。ありがとうございました。優雅な雰囲気の世界観にさせていただき楽しいです。バッハやモーツアルトの時代の映画を見てるようです。
・楽器ごとの特徴がよくわかり興味深かった。
・コンサートのコンセプトも分かりやすくお話して下さり、楽しかったです。
・時代背景、作曲家、楽器、曲の説明をていねいにわかりやすくして下さってとても勉強になりました。中野先生の演奏中の表情が豊かで楽しかったです。
・チェンバロの音に聴き入りました。素直にすばらしかった。説明もあり、よりわかりやすく、チェロの音も大変よかった。貴族になった気分を味わえました。
・トラベルツとリコーダーのアンサンブルも楽しく、それぞれの楽器の音色も楽しませていただきました。合間のお話も大変楽しかったです。
・ヴェルサイユ宮殿をイメージして、聞入りました。大変至福の時間をいただきました。タテ派になりました。
・クラシックの演奏会は初めてでしたが素晴らしい演奏でした。クラシックも良いというのが、良くわかりました。
・いろんな音楽が聴けて楽しかったです。さすがベテランアンサンブル、久々にプロの本気のアンサンブルを聴けてうれしかったです。
・バロック音楽の独特の雰囲気に酔いしれました。
・珍しい楽器で美しく楽しい音楽を久し振りに楽しませていただきました。うっとりしました。タテもヨコも素晴らしい!!
・チェンバロの生の音を初めて聞きました。とても心安らぐ演奏で感動しました。中野先生のお話も楽しくバロック音楽に興味がわき、これからも色々聞いてみたいです。タテとヨコもどちらも最高!!
                等々、まだまだ紹介しきれないくらいのうれしいお言葉ををいただきました。  
         ありがとうございました。

 

平成29年7月2日(日)Opera  Gala アニメ・特撮ソング Concert を開催いたします。
  ぜひお越しくださいませ。

 

最後になりましたが、奈良県奈良養護学校の生徒さん、先生、保護者の方々に挟み込みチラシのセッティングやドアの開け閉めのお手伝いをいただきました。
大変助かりました。ありがとうございました。
IMG_2878.JPG IMG_2892.JPG
IMG_2883.JPG




 

噺家集う ならしか亭 第八回 学園前寄席

2017年05月31日(水)

平成29年5月27日(土)に第八回 学園前寄席が開催されました。
当日は5月とは思われないくらい暑いお天気になりました。あまりに空の景色が素敵でしたので、

ールの喫茶室から写真をパチリ。
IMG_1036.JPG
 素敵ですねsun

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお天気に誘われて、たくさんの方が聴きに来てくださいましたhappy01
IMG_2798.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一席目は桂 咲之輔さんが「いらち俥」を素敵な声と若さで熱演して皆様の笑いを誘ってました。
IMG_2803.JPG
IMG_2810.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二席目は古典落語の人情噺の「立ち切れ線香」を 阿か枝さんの情緒たっぷりな話し口調とうまさで聴き入ってしまいました。
まるで映画のように映像が思い浮かび、最後はホロリ、胸が熱くなりました。
笑わせるだけではない落語に感動しました。
IMG_2812.JPG
IMG_2820.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中入り後、笑福亭風喬さんが「荒大名の茶の湯」をテンポよくユーモアたっぷりに話されて、皆さま大笑い!!
IMG_2822.JPG
IMG_2826.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は桂 阿か枝さんが二席目とはがらっと変わって、「お血脈」で、皆さまを笑わせていました。
阿か枝さんのうまさがひかる落語でした。
IMG_2838.JPG
IMG_2839.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さまから、「おもしろかったわー。もっと回数増やしてやー」と何回も言っていただきました。
今日のお天気のように晴れ晴れとしたお顔で皆さま帰っていかれましたhappy01

アンケート用紙にも、

・楽しく笑わせてもらいました。ありがとうございます。
・それぞれの個性があっておもしろかった。生で観るのは迫力があり、3人の方もていねいに演じられ楽しませて頂きました。
・生で寄席を観るのは初めてだったので、とても楽しかったです。テレビやラジオと違い、ライブ感がすごかったです。
・話に聞き入って、大いに笑わせていただきました。
・三人の噺家さん、それぞれに味のあるお話でした。聴きほれました。
・値段(木戸銭)よりも高尚でした!素晴らしい落語で感動しました。
・生で聞くのは初めてで、大変楽しいひとときでした。又、聞きたく思います。
・桂 阿か枝さんの話じっくり聞かせてもらい感動でした。
・桂 阿か枝さん 吸い込まれる話上手ですね。
           等々たくさんのうれしいお言葉をいただきました。ありがとうございます。

平成29年6月17日(土)に
中野振一郎&テレマン・プチアンサンブル 
 バロック音楽の花形楽器 リコーダーとフルート タテ派VSヨコ派 あなたはどちら派?が開催されます。
昨年に引き続き中野振一郎さんの面白いトークも聞けますよupnoteぜひお越しくださいませ。 

 

 

アーティストパフォーマンスwithバリアフリーコンサート

2017年03月20日(月)

平成29年3月18日(土)に
アーティストパフォーマンスwithバリアフリーコンサートが開催されましたnote
このコンサートは生のクラシック音楽に接する機会を持って頂ける様に
障害のある人もない人も大人も子供も一緒に聴いて頂けるということで、車いすの方や小学生も聴きに来てくださいましたhappy01

昨年に引き続き、今年も楽しみに来られたお客様もいらっしゃいました。
IMG_2693.JPG
IMG_2696.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

第一部はホルンアンサンブル「バンビッズ」の演奏でしたnote
一曲目、二曲目はホルンの柔らかい音色と低音の深みのある響きがとても心地よく、
 聴けましたnotes
 次に、MCの方が曲の時代背景やエピソード、楽器の紹介などお話してくれました。
ホルンは「世界一演奏するのが難しい金管楽器」としてギネスに認定されているんだそうですwobbly
  またホルンの円錐状の管を伸ばすと、フレンチホルンで5mの長さになることを、ホースを使って見せてくれ、 ホルンが身近に感じました。
IMG_2702.JPGIMG_2715.JPG
  

 

 

 

 

 

 

 

楽器紹介の後は、二人がマリーアントワネットとポンバドゥール夫人の衣装を着て、
うずまき(?)状のかつらをつけての演奏はとても吹きにくそうに見えましたが、私たちはその当時を想像して楽しく聞くことができました。
次の「クイズ☆この木なんの木」では、曲を聴いて、わかったお客様に答えてもらいました。MCとお客様のやさしい対話に会場が和やかな雰囲気なりましたup
IMG_2734.JPG

 


 

 

 

 

 

 

 

最後の2曲もホルンの広がりのあるやわらかい音色や力強い音色、心躍るような音色といろいろな音が聴け、ホルンの演奏を楽しく聴くことができました。
IMG_2736.JPG
IMG_2738.JPG

 

 

 

 

 

 

 

第2部は左手のピアニスト「岡田 侑子」さんの登場ですnote
最初の曲から、左手だけで弾いているとは思われないくらい迫力のある力強い演奏で、
とても感動しましたsign03
IMG_2753.JPGIMG_2755.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

中で、お客様を舞台上に誘い、左手とペダルを使っての演奏の仕方や左手用の楽譜も見せてもらいました。
目の不自由な方が岡田さんの左手を触って音を体感している姿が印象的でしたhappy01

IMG_2762.JPG

IMG_2760.JPG

IMG_2784.JPG


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の2曲もすばらしく、曲に厚みのある情感たっぷりな演奏は心に響き、胸が熱くなりましたheart01
IMG_2789.JPG



 

 

 

 

 

 

終演後、、ロビーで演者の皆さんで「蛍のひかり」の演奏のサプライズupもあり、最後まで演奏者とお客様が触れ合い、あたたかいコンサートになったと思いました。
IMG_2793.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも
・ホルンの演奏(アンサンブル)は初めて聴きました。心に響くとても素敵な音色ですね。しみじみと聴きほれました。岡田侑子さんのピアノコンサートはひとつ、ひとつ音色がやさしくて感動しました。ありがとうございましす。
・すばらしいコンサートでした。ホルンだけの曲があんなにいろいろあることにびっくりさせられました。岡田さんの左手だけの音色は素晴らしい!片手だけとは思えない曲の幅と音色は彼女の努力と感性に基づくものだと思います。
・演奏者とのキョリが近く、身近に感じられるコンサートでした。ホルンだけできれいで、力強く、静かで・・・いろいろな一面を体感できて良かったです。左手のためのピアノ、こちらも左手だけの演奏とは思えないすばらしい内容でした。良い時間が過ごせました。
・とてもアットホームな感じで楽しめました。ホルン楽器を主体とした演奏は初めてなのでいろいろな説明やリアルな解説で楽しく勉強になりました。左手だけと思えない程、力強くステキな演奏でした。
・左手のピアニスト 初めて聞かせていただきました。力強い演奏で感激です。
・ホルンアンサンブルとてもよかったです。もう少し演奏が聞きたかったです。岡田さん感動しました。ありがとうございました。
・岡田さんのピアノとても左手だけでの演奏とは信じられないすばらしいでした。
・ホルンの優しい音色良かったです。難病と戦いながらのピアノ 感動です。
・右手の障害を乗り越えて精進されている姿にとても感動し、勇気をいただきました。
・胸を打つ立派なピアノ演奏と思う。          等々
  たくさんのうれしいお言葉を頂きました。ありがとうございました。

 

平成29年5月27日(土)噺家集う ならしか亭  第八回 学園前寄席を開催いたします。
毎回大好評の大笑い寄席。笑って日頃のストレスを発散してください!!
是非お越し下さい。お待ちしております。


 

リ・フレッシュコンサートVol.10 にこにこアンサンブル

2017年02月26日(日)

平成29年2月25(土) リ・フレッシュコンサートvol.10 にこにこアンサンブルが開催されました。
寒い日にもかかわらずたくさんの方が来てくださいました
IMG_2575.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一曲目、二曲目は良く知られている曲が演奏されました。
ピアノ、トランペット、マリンバでのアンサンブルは、とても新鮮で、それぞれの音色がすばらしく、心地よく聴けました。
三曲目のピアノのすばらしい演奏と、四曲目のトランペットの透き通る音の力強い演奏も素敵で、楽しめました。
五曲目は身近なナイフとフォークを使った演奏にびっくりしましたが、両手足を使った演奏は、
リズミカルで、こんなにもすてきな演奏ができるのかと驚き、 音楽の楽しさも感じさせてくれました。
「マリンバスピリチュアル」は圧巻でした。
アジア・アフリカでの悲惨な飢餓を想い作られたこの曲は、本来、マリンバ奏者1人、打楽器奏者3人で演奏されるらしいのですが、今日は二人での演奏でした。息の合った入れ替わり、立ち代りの交代弾きはすばらしく、迫力もあり、
感動しました。
マリンバの深みのある低い音が魂を揺さぶる音に聴こえ、心に響きわたりました。
休憩の時間になっても余韻に浸っているお客様がたくさんいらっしゃいました。
IMG_2583.JPG
IMG_2591.JPGIMG_2596.JPGIMG_2611.JPGIMG_2619.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩のあと
最初の曲の「寒月」は、奏者向かい合っての打楽器の演奏でしたが、まるで打楽器同士が会話をしながら曲を奏でているように聴こえ、身体の底から躍動感を感じました。
次は、曲ががらりと変わり、お店のBGMのようで、気軽に音楽を楽しめました。
最後の曲は、ピアノ、トランペット、マリンバ、ビブラフォンのアンサンブルでした。わかりやすい解説のおかげで、情景も浮かんできて、各楽器の素敵なハーモニーが、心を優しく、豊かな気持ちにしてくれました。
IMG_2640.JPG
IMG_2662.JPGIMG_2671.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラエティーに富んだ演奏や解説でお客様も音楽の楽しさ、素晴らしさを十分に味わっていただけたと思います。

 

アンケートにも
・生演奏はやはり迫力があり、奏者の手元、顔の表情等がよく見えて、土曜の午後を楽しく過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
・曲目紹介に個性があっておもしろかったです。激しい曲、柔らかい曲、いろいろな曲で心がいやされました。有難うございました。
・いろんな楽器の音色が聴けて、大変おもしろかったです。
・いろいろな楽器で楽しませていただきました。ピアノのショパン、トランペット、パーカッション、それぞれの持ち味が出てよかったです。皆さんお上手ですごかったです。
・ピアノ、トランペット、マリンバという編成は初めて聞いたような気がします。各パートが適当に目立っており、新鮮な感じで良かったです。
・マリンバの力強い演奏とドラムの沸きあがる迫力ある音、トランペットのすきとおる音色、ピアノ(ショパンのスケルツォ)最高でした。
・ハイレベルな演奏にもかかわらず、親しみ易い解説で、音楽を身近に感じることができました。
・何度かマリンバを聞く機会がありましたが、今日の様なマリンバの演奏は初めてで、とても楽しめました。様々な音色、曲想が楽しめました。
・演奏者の笑顔が素敵でした。素晴らしい演奏でパワーをいただきました。パラエティに富んだ曲の数々、それぞれの楽器のよさが際立った選曲でした。楽しく充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
・とても素晴らしかったです。それぞれの楽器の音色やリズムをたっぷり聞かせていただいてとてもせいたくな『時』でした。ありがとうございました!
                      等々うれしいお言葉をたくさんいただきました。

 

平成29年3月18日(土)にアーティストパフォーマンスwithバリアフリーコンサートを開催いたします。ぜひお越しくださいませ。
  

桂 吉弥 独演会

2017年01月24日(火)

平成29年1月21日(土)に桂 吉弥 独演会が開催されました。
チケット発売日から20日あまりで完売するという人気で、当日も寒い中、期待に胸ふくらませて、
皆さまご来館下さいましたhappy01
   IMG_2501.JPG


   一番手は、桂 二葉さんが急病のため、桂 弥っこさんの代演でしたが、古典落語の「子ほめ」を
一生懸命に熱演し、会場の皆様の笑いを誘っていました。
IMG_2503.JPG
IMG_2508.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二番手の桂 しん吉さんはテンポのいい語り口と絶妙な間の取り方で古典落語の「金明竹」を披露し
会場の皆様を落語の世界に惹きこんでいました。早口言葉にはすごいなーと感心致しました。
IMG_2511.JPG
IMG_2525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半最後は、皆さまお待ちのかねの 桂 吉弥さんの登場sign03
登場だけでも大きな拍手!吉弥さんの人気の高さが伺えました。
「本編」に入る前の「まくら」の部分でも会場の皆様は大笑い!
吉弥さんの歌まで飛出し(これがまたうまいんですnote)、皆さま大満足!あまりの盛り上がりに吉弥さんも「これで終わりにしますか」の言葉も。
その後、今の時事問題や流行(はやり)をとりいれた新作落語「とりたつ」もおもしろく、みなさま大笑い!吉弥さんの話芸のうまさに惹きつけられました。
IMG_2526.JPG
IMG_2529.JPGIMG_2532.JPG

IMG_2533.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中入り後、桂 吉弥さんが古典落語「くしゃみ講釈」を艶のあるなめらかな口調と品のいい所作で披露。
吉弥さんのうまさに酔いしれました。
会場の皆様も大満足!くしゃみの度に笑いがおこり、豊かな表情だけで笑いをとる吉弥さん、さすがだなーと感心致しました。
  
IMG_2542.JPGIMG_2546.JPGIMG_2556.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒さを吹き飛ばす、新春初笑いになったと思います。
IMG_2560.JPGIMG_2495.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも
・吉弥さんの熱演には感激いたしました。
・吉弥さんすばらしかった。自然な会話で聞きやすく、さすがです。
・古典落語も趣があり大好きですが、今の時事問題を取り入れた新作落語も楽しく大笑いさせていただきました。しん吉さんの間の取り方の素晴らしさにプラス吉弥さんのたっぷり表情、物まねのお上手さに感心の連続です。
・益々味深い落語、聞くたびに感動しています。
・大変良かったです。さすが、テレビ、舞台とあちこちで活躍されていらっしゃるので話題も豊富で良かったです。
・テレビで拝見した方なので親しみを感じながら聞きました。「くしゃみ講釈」熱演!よかったです。
・新春で笑わせて下さりありがとうございました。「くしゃみ講釈」大変笑いました。
・楽しい笑いのひと時に感謝。吉弥さんは話芸+表情豊か
・上品でした。やはり「生」は良いですね。   等々

 たくさんのうれしいお言葉をいただきました。 ありがとうございました。

 

平成29年2月25日(土)にリ・フレッシュコンサートvol.10 にこにこアンサンブルが、
平成29年3月18日(土)にアーティストパフォーマンスwithバリアフリーコンサートが開催されます。
音楽を楽しんで下さいませ。
皆さまのお越しをお待ちしております。

和楽器ユニット おとぎ やまと風雅草紙コンサートvol.3

2016年11月27日(日)

平成28年11月26日(土)に和楽器ユニット おとぎ やまと風雅草紙コンサートvol.3が開催されました。
今年で3回目、毎回来て下さってる方、邦楽ファンの方等、たくさんの方が聴きにこられました。
IMG_2408.JPG
IMG_2415.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

第1部はおとぎの新曲から始まりました。個々の楽器の個性豊かな音色が今風に感じられ、従来の和楽器のイメージががらりと変わり、和楽器のすばらしさを感じました。
語りと和楽器による音楽劇「海は人をつなぐ母のごとし」では、遭難船の第一発見者の曾孫にあたる

大森さんがサプライズで登場sign03
朗読、琵琶の語りと和楽器の音色が当時の方々の心情や情景を思い起こさせ、スケールの大きさを感じ、
また、合間のトークもウィットに富んで、会場の皆様の笑いを誘っていました。                                                                  
IMG_2422.JPG IMG_2457.JPG
IMG_2436.JPGIMG_2441.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2部はおとぎの4人に箏奏者の伊藤麻衣子さんが加わり、「風雲の刻」の演奏から始まりました。
尺八の音色の心地よさ、箏の豊かな音色、胡弓の哀愁のある音色、琵琶の力強い音色等の優雅なハ
ーモニーがとても素敵で、豊かな気持ちになりました。
「天満の子守唄」では、やはり昔からの日本の曲には和楽器がピッタリとあうんだなと感じさせ、

心に染み入りました。
最後の「月と大地と記憶」~シルクロードの旅人~は5つの楽器の音色がその当時の光景を想像させ、
ノスタルジックな気分にさせてくれとても贅沢な時間を過ごすことができ、 音楽のすばらしさ、和楽器の奥深さを改めて感じました。
アンコール曲の「家路」も心に響き、胸が熱くなりました。

IMG_2472.JPGIMG_2476.JPGIMG_2480.JPG

IMG_2482.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わった後も出演者の方々にたくさんの方が声をかけられていました。
IMG_2486.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも
・今回の「海は人をつなぐ母の如し」とてもよかったです。語りも演奏も心に深く浸透しました。
・琵琶の語り、唄を初めて生で聴きましたが、とても深い音色で無条件に曲の世界観を感じることが

   できました。皆様のお人柄が表れた優しい音色で素敵な一時を過ごさせて頂きました。

   ありがとうございました。
・それぞれの楽器が一つの音色だけでなく、色んな音色が出る(出せる)のが伝わってきました。

   音楽は音を楽しめるものだと知らされ、語れるものなのだという事も感じられ良かったです。
・やさしい和楽器の音色で芸術の秋を満喫できました。
・アンサンブルがとてもきれいで優雅な音色、心がいやされる。トークが面白く内容が良く解る。

和の響きは心に染みてきます。年に2回気持ちのリセットにきております。
それぞれの個性ある音色を楽しめました。体の芯に染み入る音にかんどうしました。

   またききたいです。ありがとうございました。
・一つ一つの楽器の音がきれいでうっとりしました。
・初めて琵琶の音色を聴きました。一つ一つの楽器の音がしっかり聴き取れて、

   又全体の音の時は迫力もあり、すばらしかったです。和楽器の良さを再確認しました。
・どの曲もすばらしく、いつも目新しい曲もあり感動しました。

   ふつうの邦楽のコンサートと音色も世界も違い、又ちがった重みも華やかさもあり大好きです。

   ありがとうございました。
・語りと和楽器による音楽劇、和楽器はもちろんですが朗読、歌声共にすばらしく心がふるえ

   涙がこぼれてしまいました。心のこもった演奏に感激しました。   等
   たくさんのうれしいお言葉をいただきました。

 

平成29年1月21日(土) 桂 吉弥 独演会を開催します。
テレビでお馴染みの吉弥さんの落語で初笑い!!ぜひお越しくださいませ。

 

学園前アートフェスタ 2016 イマ・ココ・トキメキ(コ・ドウ)演劇/演奏 発表会

2016年11月06日(日)

平成28年11月5日(土)に「学園前アートフェスタ2016」 イマ・ココ・トキメキ(コ・ドウ)演劇/演奏 発表会が催されました。


昨年の「学園前アートウウィーク2015」イマ・ココ・カラに引き続き、
今年は「学園前アートフェスタ2016」イマ・ココ・トキメキ(コ・ドウ)を平成28年11月5日(土)~11月13日(日)<休館日/7日(月)>で開催しております。

より多くの皆様に楽しんでいただけるように、今年は現代アート部門に音楽・演劇部門が加わりました。

IMG_2366.JPGIMG_2365.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ学園前ホールでも「帝塚山大学演劇部」、「黒岩真理のオルガンコンサート」、「奈良ありの会(箏曲演奏等)」、「学園南いきいきスクールのコーラス」、「帝塚山小学校・小学生吹奏楽部演奏」、
「帝塚山大学吹奏楽部による演奏」の発表会がありました.

なんと演劇に関しては、学生さんたちが自ら音響、舞台、照明をつくりあげていました。

IMG_2371.JPGIMG_2374.JPGIMG_2381.JPGIMG_2384.JPGIMG_2388.JPGIMG_2398.JPG

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出演された皆様がこのホールに出られたことを喜んでいました。 
地元のアーティスト・生徒・サークルの方々の演奏は来場の皆様に地域の活性化を思わせる「トキメキ」「コ・ドウ」を体感していただけましたでしょうか。

11/13(日)まで他の会場でもいろいろな催し物を行っておりますので、ぜひ足をお運びくださいませ。

山崎千裕+ROUTE14band ~夜空のトランペット~

2016年10月26日(水)

 

平成28年10月23(日)に山崎千裕+ROUTE14band~夜空のトランペット~が開催されました。
早くからチケットをご購入された方や遠方(神奈川、滋賀、兵庫他)からも聴きに来てくださいました
IMG_2267.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

第一部は朝から昼をイメージした曲で構成され、 最初の曲から迫力ある演奏で、お客様はびっくりされていましたが、次第にエネルギュシュ溢れる演奏に、会場の皆様もノリノリ!
どうしたら、こんなにもステキな音色を華奢な体から吹くことができるのかなと思わせくらい

ダイナミックに、リズミカルに演奏をしてくれました。

IMG_2273.JPG

IMG_2294.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2300.JPGIMG_2298.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部は夜をイメージした曲で構成され、 バックの照明と演奏とがぴったりで、ライブハウスに来ているかのような臨場感たっぷりの演奏で、会場の皆様も総立ち!!
会場が一体となって手を振ったり、体を動かしたり、手拍子したりと大盛り上がり!!皆様も大満足!

皆さまが音楽を楽しんでいるのが伝わりました。

IMG_2303.JPG

IMG_2305.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2311.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2328.JPGIMG_2338.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終演後はCDを購入される方や、出演者にお話される方も多く、また余韻を惜しむかのようにロビーで

お話されていました。

IMG_2359.JPG

 

 

 

 

 

 

アンケートにも
・みなさん、音楽を心から楽しんでいらっしゃることが伝わってきて、私も初めてなのに

   はじめてじゃないような・・・とてもたのしませていただきました。ありがとうございました。
・アツアツでとても楽しいライブでした。
・やはり生演奏は最高です!!まるでライブハウスのような盛り上がりで楽しく過ごせました。
・久し振りに心から楽しみました。ありがとうございました。
・たいへん楽しいライブでした。ありがとうございます。音も色も心行くまで楽しめました。
・彼らのエネルギュシュが喜びをくれる。ジャンルを問わず音楽は最高!!
・これぞ音楽、実に楽しかった 音を楽しめたです。感性、音楽性、表現力いっぱいの演奏でした。
・トランペットの音色と音量が素晴らしかった。ルート14の迫力とリズムも良かったです。
・美しい音色とハーモニーに感動しました。素敵なコンサートでした。
・とても楽しかったです。今日一日がもう満足、マンゾク。どうもありがとう。
・インストバンドでスタンディングするとは思っていなかってビックリ!!
・元気をもらえた ありがとう!!         等

  とてもうれしいお言葉をいただきました。どうもありがとうございました。

 

平成28年11月26日(土)和楽器ユニット おとぎ やまと風雅草紙コンサートvol.3を開催いたします。毎年好評をいただいております。ぜひお越しくださいませ。
      

 

噺家集う ならしか亭 第七回 学園前寄席

2016年09月29日(木)

平成28年9月24日(土)に第七回 学園前寄席が開催されました。
毎回来て下さる方や初めて参加の方も聴きに来てくださいました。
IMG_2208.JPG
IMG_2213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、笑福亭 飛梅さんがめりはりのある声で古典落語の「米揚げ笊(いかき)」を、桂 三ノ助さんが師匠譲りの創作落語で「ハト」をソフトな語り口で、中トリは元奈良県住みます芸人の多芸落語家で知られる林家 笑丸さんがユニークな笑い方とテンポのよさで古典落語の「宿替え」をお話下さいました。

会場の皆様も三人三様の落語をそれぞれ楽しんでおられました。
IMG_2216.JPG
IMG_2218.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2222.JPGIMG_2227.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2235.JPGIMG_2234.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩後は、桂 三ノ助さんが貫禄の話術で古典落語の「はてなの茶碗」を披露して下さり、会場も大笑い!筋が予想できる古典落語なのですが、話し手さんの巧みな話術や所作で笑ってしまう落語は凄いなと改めて感じる第七回学園前寄席でした。

IMG_2237.JPGIMG_2243.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2247.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも、

・久し振りにお腹から笑いました。本当に楽しい時間を過ごせて有難うございました。

・心の底から大笑いしました。落語家さんは声がいいです。惚れ惚れします。

・落語を聞くのも久し振りであるが、改めて日本文化としてのすばらしさを痛感した。

・たのしい時間を過ごせました。ありがとうございます。

・三人揃っておもしろかったです。

・若手(?)の方々が熱をこめて演じられている姿、私の活力になりました。

   やっぱり古典はおもしろい!    等々

 うれしいお言葉をいただきました。ありがとうございました。

 

平成28年10月23日() 山崎千裕+ROUTE14bandのコンサートがあります。ぜひお越しくださいませ。お待ちしております。

 

 

「東アジア文化都市2016奈良市」市民連携事業  ~海は人をつなぐ母の如し~

2016年09月25日(日)

平成28年9月19日(月・祝)に「東アジア文化都市2016奈良市」市民連携事業
 小浜市に伝わる韓国船遭難救護のお話  ~海は人をつなぐ母の如し~ が開催されました。

 

アジア各国の人々と広く深くつながり、それぞれの文化を尊重しながら伝統文化と創造を響かせ、

アジアの平和構築をめざすという主旨のもと、奈良の姉妹都市・小浜に伝わる韓国船遭難救護のお話と

それを題材にした琵琶の弾き語りの催しに、歴史に興味のある方たちが多数聞きに来て下さいました。

スナップショット 1 (2016-10-01 0-51).png

IMG_2155.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部は、118年前に小浜市の小さな漁村、泊で実際あった韓国船遭難救護のお話を、

遭難船の第一発見者の曾孫にあたる大森 和良さんがスライドを使って、わかりやすくお話して

くださいました。

地図を大陸側からみる発想はとても新鮮で、朝鮮半島側から見る日本は、近くにある島に見えました。

こんなに近い国同士、もっと仲良くなれないのかなと感じました。

救護した93人の韓国人全員が無事故国に帰れたという話を聞いた時は、胸が熱くなり、心が温かくなるのを感じました。

最後に、大森さんがギターでこのお話の歌を歌ってくださいました。声、歌詞、曲ともすばらしく、

とても感動しました。小さな漁村での知られざる歴史秘話、人と人とのつながりの素晴らしさを感じ

させる講演会でした。

IMG_2161.JPG

スナップショット 2 (2016-10-01 15-59).png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2168.JPGIMG_2171.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩中もお話に興味を持った方たちが、資料に見入る姿が見受けられました。

IMG_2203.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部は筑前琵琶奏者の川村 旭芳さんがこの史実をもとに、お母様が作詞、ご本人自身が作曲をした『サインパイン号漂流譚~海は人をつなぐ母の如し~』の弾き語りをしました。

情景が浮かんできて聴きいり、この物語と琵琶の音色があい、とても感動しました。

演奏のあとは、川村さんのお母様が作詞するのにご苦労されたお話をしてくださいました。

IMG_2182.JPGIMG_2190.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2197.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終演後はたくさんのお客様が韓国船遭難救護のお話の絵本やCDをお買い求めになられ、

大森さんや川村さんに声をかけておられました。お客様の満足度が伝わってきました。

IMG_2198.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにも

・良い催しを本当に有難うございました。こういう歴史はぜひたくさんの人に知って頂きたいです。

・海は人をつなぐ母の如しの物語、音楽、大森先生の歌、講演、琵琶演奏などどれも素晴らしく、

   充実のひとときでした。

・民間人の交流とはこんなにも心を打ち、素晴らしいものと実感できた。

   なぜ、今まで表に出てこなかったのか?

・アジアとの深い交流を続けてきた奈良だからこそ、日本中に広げてゆく力があるのではないかと。

   良いお話でした。

・小さな人と人の交流が、確かに国と国の交流を推進するものだと思いました。

   お話を聞いて感動しました。

・外交官(杉浦千畝)によるユダヤ人救済の話やトルコ軍艦(エルトウール号)遭難救助の話は広く

   知られていますが、今回のお話は今まで聞いたことも無かったので大変感動しました。

   国同士の事はむずかしいでしょうが、民間の交流が広まることを願ってます。

・心にじわっと沁みる話で感激しました。もっともっと人々に伝えたい内容です。

・国と国のつながりには国益という政治がからんでくるが、民と民のつながりには心と心のつながりが

   あることを思い知らされた。

・講演の画像、動画を織り交ぜた先生の話し方が良く、とても心にひびきました。

   公演の中のスライドで大陸側から見た逆さの日本地図が鮮明でした。

・ラストの気持ちのこもったギターの弾語り、琵琶語りも非常に良かった。

   万人に伝わるということで、音楽はやはり素晴らしい文化だと思う。

   東アジア文化都市事業に相応しい内容だった。   等々

 うれしいお言葉をたくさん、たくさんいただきました。ありがとうございました。

  

今回の講演を通じて、「文化とは芸術のみならず、古より人々の出会いや交流が活かされ、

長年紡いできたこと、それを後の世代に伝え、編みこむことで出来上がり、

脈々と残っていく有り様ではないか?」と実感いたしました。

 

最後にこの企画にご賛同いただき、『東アジア文化都市2016奈良市 市民企画連携事業』として多大なる

ご協力を頂いた、学園前街育プロジェクト実行委員会のみなさまに深く感謝いたします。 

 

 この公演を見逃した、お客様へ

有料には成りますが、11月26日() 和楽器ユニット おとぎ やまと風雅草紙コンサートの中で、

語りと和楽器による音楽劇 『海は人をつなぐ母の如し』をご披露いたします。

お時間が御座いましたら、是非ご来館下さいませ。

(講演会は行いません。)

 

平成28年10月23日(日)山崎 千裕+ROUTE14bandのコンサートも開催されます。

ぜひお越しください。お待ちしております。